読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の受験

高校受験 大学 中高一貫

タイトルを改めました

高校受験が終わったので

これからは、日々の子供達の勉強のことを書いていこうと思います。


我が家の兄弟はいたって普通の男子です。

生まれ持った天才とは程遠い、普通の子供達なので勉強に関しては努力が必要です。


そらの受験が終わって

よく聞かれるのが、中学受験と高校受験どちらが大変?かということ。


どちらも大変ですが、

子供によっては

高校受験ほど理不尽なことはない!!という事です。

大人しくて目立たない子は公立での内申獲得は結構大変です。

特に公立高校受験なら、内申重視になりますし、その比率は無視できません。

内申+実力+そして運✴︎が必要です。


では、私立校はどうか、、

トップ高になると中学の範囲を超えた

高校範囲の勉強が必要になります。

塾は必須になります。

中堅校も併願の条件が内申で決まることも多いです。



子供がどこを目指すか

私立も公立もと言うわけにもいきません。

第1志望校の勉強を中心に勉強をしていくしかありません。

私立トップ校は合格したのに都立トップが合格できない子もいるのです。

偏差値だけでは決められない

私立と公立は別物です。


大学受験は、まだ未知の世界ですが

我が家は子供の性質上、指定校推薦の大学は考えていません。

上の子はセンター利用で受験ができますが、まるはどうなっているかしら?

とにかく一般で対応できるよう過酷な勉強をしなければ、耐えられなければ合格はできないでしょう。


結局兄弟は別々の道を進んでいる


そら 公立中→都立高→大学受験

まる 私立中高一貫→大学受験


そらは中学受験を失敗した経験が

高校受験での成功に結びついた。 

受験の怖さを知り、受験の楽しさを知った。

子供の成長は本当に頼もしい。

きっとこの子は大学受験も頑張ってくれると

信じられるようになりました。


今の心配はまるの方、、

高校受験がない一貫校、勉強よりも部活がハードである。

でも、勉強のスピードもとても速い。

すでに英語が遅れをとっている。基礎がめちゃくちゃで単純に英文を丸暗記している。文法をほとんど理解していない。

せっかく私立に入れたのに少し期待外れですが、

これは学校が悪いわけでなく、子供本人の問題なんですよね。

勉強をサボるとついていけなくなるその自覚がまだ足りていないようです。

うまくアドバイスをしながら起動修正をしていこうと思っています。


私が感じていることは

男の子の成長はやはりゆっくりで

母親(女性)の感覚とは全く違うことです。

早く結果を出して前に進んでいって欲しい気持ちが先走りますが

男の子はギリギリの瀬戸際まできて

やっと伸びていくものかもしれません。

でもそんな子供達とも一緒に居られるのもあと何年でしょう、、。


性格も顔も(笑)違う兄弟が同じ大学を目指してくれていること。


それまでしっかりサポートしていきます。