子供の受験

高校受験 大学 中高一貫

まるの中学受験

弟まるの受験について当初反対しました。


中学受験の辛さはやってみないとわからないと思います。

第一希望に合格できなくても

まだ上級学校の意味がわからない時期なので

とにかく合格できれば嬉しいものなのだと思います。

親は学校によってはなかなか納得いきませんけれどね。


二人とも通ってた小学校は中学受験の多い学校でした。

周りの影響は大きいもの、ゲーム感覚に「受験」と言います。

それをいいことに親がのってしまう家庭も多かったと思います。

中学受験は結局は親が決める受験です。


よく御三家やら早慶やらの素晴らしいお子さんのブログなどを目にします。

本当に羨ましい限り、我が子もこうだったら良かったのに。

ですが、遺伝子的に無理、経済的に無理。


本当のところ、こんな話は一部だと思いますよ。


実際は、受験前なんてみんなボロボロです。

親の方が必死ですよ。 

たまに下克上が起きるのか中学受験。


結局は、実力があったから合格がある。

運も必要ですが、

合格できる力がなければ一貫校の授業ついていけないですからね。


まるが受験前に不安定になり、1月お試し校で実力が出ずギリギリの合格でしたので、

急遽、2月の受験校の見直し、抑えも入れてダブル出願して、本人の体調などを見て、当日受ける学校を決めました。

結果は、第二志望校に合格しましたが、その時は本当に嬉しかったですね。


この感覚が抜けきれないまま

高校受験を考えていたら、、

先生から「中学受験受験じゃないんだから」

と指摘されました。

残念ですね。

高校受験もその先の大学受験を考えたら、

いろいろとチャレンジするべきだと思うのです。

もう大学受験は親は出る幕はないですけれどね。