子供の受験

高校受験 大学 中高一貫

卒業まであと少し

中学によっては

卒業遠足があって、ディズニーランドにいくそうです。

そらの学校はない。。

同じ公立中でも結構学校によって違います。


そらの公立中は、学区外の中学にしました。同じ小学校から通う友達が多く、私立中がダメだった時に友達と一緒の中学がいいということで決めました。


私は公立出身なので

いろいろな子供達と切磋琢磨することは人生の勉強になると思っています。

いろいろな誘惑がありますが、それは親がきちんと見て入れば大丈夫じゃないかと。

昔みたいに(笑)

髪の毛染めたり、服装が乱れていたり、タバコ吸ったり、バイク乗ったり、そんな子がはいませんでした。

挨拶してくれて良い子ばかりだったなぁ。


そらのクラスは全員進学先が決まり

受験のためにいろいろ制限してきたからか、

今は毎日がフィバー状態(笑)みたいです。ちょっとうるさすぎるんだよね。とそらは怒っていますが

高校に行ったら、同じレベル子達に囲まれる環境は、またそらにとって楽しい生活になると思っています。

その時、あの中学校生活も懐かしく感じるのではないかなっと。

卒業したら、高校へ向けて宿題もドンと出るらしい。

今しかない

残り少ない日々を楽しんでもらえたらいいな。





タイトルを改めました

高校受験が終わったので

これからは、日々の子供達の勉強のことを書いていこうと思います。


我が家の兄弟はいたって普通の男子です。

生まれ持った天才とは程遠い、普通の子供達なので勉強に関しては努力が必要です。


そらの受験が終わって

よく聞かれるのが、中学受験と高校受験どちらが大変?かということ。


どちらも大変ですが、

子供によっては

高校受験ほど理不尽なことはない!!という事です。

大人しくて目立たない子は公立での内申獲得は結構大変です。

特に公立高校受験なら、内申重視になりますし、その比率は無視できません。

内申+実力+そして運✴︎が必要です。


では、私立校はどうか、、

トップ高になると中学の範囲を超えた

高校範囲の勉強が必要になります。

塾は必須になります。

中堅校も併願の条件が内申で決まることも多いです。



子供がどこを目指すか

私立も公立もと言うわけにもいきません。

第1志望校の勉強を中心に勉強をしていくしかありません。

私立トップ校は合格したのに都立トップが合格できない子もいるのです。

偏差値だけでは決められない

私立と公立は別物です。


大学受験は、まだ未知の世界ですが

我が家は子供の性質上、指定校推薦の大学は考えていません。

上の子はセンター利用で受験ができますが、まるはどうなっているかしら?

とにかく一般で対応できるよう過酷な勉強をしなければ、耐えられなければ合格はできないでしょう。


結局兄弟は別々の道を進んでいる


そら 公立中→都立高→大学受験

まる 私立中高一貫→大学受験


そらは中学受験を失敗した経験が

高校受験での成功に結びついた。 

受験の怖さを知り、受験の楽しさを知った。

子供の成長は本当に頼もしい。

きっとこの子は大学受験も頑張ってくれると

信じられるようになりました。


今の心配はまるの方、、

高校受験がない一貫校、勉強よりも部活がハードである。

でも、勉強のスピードもとても速い。

すでに英語が遅れをとっている。基礎がめちゃくちゃで単純に英文を丸暗記している。文法をほとんど理解していない。

せっかく私立に入れたのに少し期待外れですが、

これは学校が悪いわけでなく、子供本人の問題なんですよね。

勉強をサボるとついていけなくなるその自覚がまだ足りていないようです。

うまくアドバイスをしながら起動修正をしていこうと思っています。


私が感じていることは

男の子の成長はやはりゆっくりで

母親(女性)の感覚とは全く違うことです。

早く結果を出して前に進んでいって欲しい気持ちが先走りますが

男の子はギリギリの瀬戸際まできて

やっと伸びていくものかもしれません。

でもそんな子供達とも一緒に居られるのもあと何年でしょう、、。


性格も顔も(笑)違う兄弟が同じ大学を目指してくれていること。


それまでしっかりサポートしていきます。




やっと

久しぶりにこのブログを開いて見たら

今日だけでアクセスがすごかった💦


今日都立の発表でしたからね。


そらは頑張りました。

都内私立校一般で合格し、

やっと火がついたのかそりゃ必死に勉強していました。


そして都立入試

得意な数字はほぼできていて

満足のいくテストが受けられたと。

もし不合格でも悔いはないと。

でも、内申はどうしようもないから(笑)と言っていました。


そらも大人になったのね。


そして今日無事に都立高校の合格しました。


内申のせいで都立のレベルを下げなくてはならなくなった。

その分大学受験で頑張るそうです。


受験のパワーは

思うこと、自分の力を信じること

これが大切なんだなぁ思っています。


大学受験現役合格を目指して

今日からスタートです!!


毎日英単語( ̄∀ ̄)




穏やかな日

いつもと同じいつもの日常。


仕事は忙しかったけれど

今日は順調に終わった。


帰宅するとなぜか夫がいた。

外勤でそのまま直帰したらしい。


平日に夫がいることはほとんどない。

夕食も家族で食べることもほとんどない。


そらが塾から帰ってきたら、

今日はゆっくり家族で食べられるかな。


いろいろ心配事はあるけれど

今日はあとはテレビでもみて

早く寝たいと思う。






試験内容

来週受験する

私立高校の過去問を取り組んでいます。


私立なので、中学校の範囲を超えて出題してきます。

今年はわかりませんが、近年の過去問の傾向から、取り組める問題、取り組めない問題と分けていくように進めています。

英語の文法はやはり難しいですね。

英語、、、まだまだ勉強足りないようで(^^;;

高校に行ったら、ますます英語に力を入れなきゃですね。

そらもそれはとても感じているみたいです。


得意の数学も去年難易度が上がってしまったようで、、難しいと。

数学は持っているアイテム(知識)を

どのように使うか、問題を見たら

頭の中で方法を取捨選択して解き始める。

迷うと選択肢を間違えて苦戦してしまう。

あと少し、数学脳をフル回転させてもらいたい。


国語の読解も理解できない→難しいと。

うーん、、平均点をみても半分取れればって感じかしら。


最初は投げやりだったこの高校。

チャレンジ校だけれど、

「勉強していたら楽しくなってきた」と。

こんな難しい問題を出してくる学校

きっと楽しそうだなって。

あーなんてマイペースな子なんだ。

試験結果はどうであれ、、楽しんで欲しいと思う。


まるも中学入試のお休みが終わり、明日から学校開始、

テストも始まるので、今頃焦って勉強中。

長文読解が読めていない様子。。

まるも頑張れ!!





1週間を切った

私立高校受験までもうあと少し。


そらの勉強のことは塾の先生にお任せしている。

大手塾ではなく、個人塾なので

個別とあまり変わらない。

中2から今の塾に入ったのだが、

先生達がまた個性的な人達なので

話するだけでも、そらには楽しくて仕方がなかったらしい。


中学受験の時は、親子で二人三脚で進めていた。

でもそらの場合6年生から成長期が来てしまい

身体の変化、精神的不安定など

とてもコントロールができない状態だった。

中学受験は、勉強面でも精神面でも

大人並みに追い込まれる。

私も同じように追い込まれてしまった。


自分も教えてみて

勉強で伸びる子は、やっぱり素直な子だと思う。

そらは、

自分中心に地球が回っているような子。

数学で難問を解いてしまう時には驚くが、一般常識的な問題には全く無知。

親としては、心配でならない。


まぁこの時期なので

私の言うことには全く耳を貸さない。

父親にも近寄ってくるな!と

先にガードを張られてしまったらしい。

塾の先生に対してはやはり信頼関係があって、話は聞いているようだが、先生も

彼の性格には手を焼いているようだ。

それでも寄り添おうと頑張ってくれている塾の先生には本当に感謝している。

本当に教えることが好きな先生達だ。


主人から、お前は子どもに期待をかけ過ぎてるとよく注意される。

期待して裏切るのは子どもだ。

裏切られても許されるのは子どもだ。

親子なんてそんなものだろう。

私はそらを応援する。


せめて美味しい食事を用意することしかもうやらせてもらえないらしい。


あとでおやつでも買いに行ってみよう。











後残りの日々をどうするか

今日の結果を受け止め


今一度、受験について考えた。

今後どうすべきか、、後少しでもあと1点取れる可能性を諦めては行けないと思う。


そらは、これ以上無理だとどこかで線引きをしてしまう。

自分の限界を自分で決めてしまうのだ。


これから受験する私立高校も、1校については「無理」と決めてしまっている。


そんなそらにイライラしてしまい

なぜ貪欲にもっと生きられないのかと

つい激しい口調で非難してしまう。


人生には度々訪れる節目に決断しなければならない。

受験に関しては、中学受験から高校受験、大学へと取捨選択しながら、チャレンジしていく。

その時に諦めない気持ちは成功に導く大きな力になると思う。


そらにわかってほしい。 あと少しだから

がむしゃらになって取り組んでほしい。


今はなかなか伝わらないけれど

何かをやりきったら、きっと見えてくる何かを感じることができると思う。


まず親である私が諦めないで行こう。

きっと努力は報われるはず。

最後の最後まで諦めないで合格を手にしてもらいたい。

もし無理だったとしても頑張ったという実感が持てるようにしたいと思う。


子育ては本当に難しい。

改めて自分の気持ちを整理するために

ここに宣言しておきます。